アンティーク調に仕上げる家具の取り扱いについて

家具の中には、オシャレなアンティーク家具なども多くあります。 通常の家具と違い、どこか懐かしさも感じられる家具です。 アンティーク家具の取り扱いの基本は、木製品の場合カラ拭きになっています。 表面に傷がつかないように、柔らかい布を使って優しく拭いていきます。 また、トップや棚板以外にも、側面なども汚れていることが多いので家具全体から埃を払いのけます。 更に、プラスチックと違ってカビにも注意が必要になってきます。 特に、梅雨の時期などの雨が続いたあとは、天気の良い日に風通しをよくして乾燥させて湿気を取り除く必要があります。 普段のお掃除でこまめに手入れをしていことが、家具を長持ちさせます。 直射日光が当たる場所や冷暖房機の近くに置くのも止めましょう。 更に過度の湿気や乾燥などある場所での使用も、反り返ったり割れたりする原因になります。 また、ダイニングテーブルの天板に、熱すぎるものや水気の多いものを置くとシミになったり、食器などを直接置いたりすると、傷がついたりするので、テーブルクロスなどを敷いて予防します。 表面がかさついてきた場合は、ワックスがけをしましょう。

recommend

2017/7/13 更新

Copyright (C) 2014 Antique's beril All Rights Reserved.